相続税の税務調査では銀行口座も調査されますが、そもそも隠し口座を作ればばれないのではと思う方も多くいるようです。しかし税務署の銀行口座の調査能力は高く、全ての口座は把握されると考えた方が良いでしょう。税務署が銀行口座を調査する方法と目的を解説します。 「税務署って銀行口座を監視しているの?」「タンス預金なら税務署にバレない?」上記のような疑問にお答えします。つねに監視してはいませんが、税務署は銀行口座を閲覧できますよ。なので口座取引はすべて税務署にバレると考えておきましょう。 じぶん銀行のログイン画面では、お客さま番号とログインパスワード以外の入力を求めることはありませんので、そういった情報を求めてくる不審なサイトでは決してログインパスワードなどの認証情報を入力しないようご注意ください。 …という男性は多いのではないでしょうか? 銀行口座を作成するのは一見簡単なように思えます。 ところが、バレずに作ることが出来そうな銀行口座のイメージですが、キャッシュカードなどを作ると、自宅に郵送されてしまいます。 ですが住宅ローンを使えるのに使わないのはもったいないし、欲しいと思った物件が出てるので買いたいです。今の家は古く、いつかは両方売ってもっと大きい家と思っています。 実際に住宅ローンを組んで住まないでバレた人はいるんでしょうか?