免税範囲を超えた場合には、品物の種類などに応じた税率によって税金が課せられることになります。未成年者の場合は「酒類」と「たばこ」は免税になりません。6歳未満のお子様は、おもちゃなど明らかにお子様本人の使用と認められるもの以外は免税になりません。

アメリカ.

持ち帰れるワインの本数は決まっているの? 決まっていません。何本でもお土産に買ってくること …

ワインを日本に持って帰ってきても大丈夫? 大丈夫です。お酒は持ち込みを禁止されていません。 q2. あゆしさんからの質問「アメリカへのアルコールの持込みについて」に関するq&aページです。アメリカのビザ・入国・出国に関する疑問があれば日本最大級の旅行クチコミサイト フォートラベルで質問し … ワインを持ち帰る際に一番気にしておかなければいけないのは重さと手荷物の数です。買いすぎてしまうと空港で預ける際に手荷物数オーバーや重量オーバーになり意外な出費がかかります。ワインを買う際にはこの2つを気にしながら買いましょう。 1リットル以下の容器に入ったアルコール飲料であれば持ち込み・持ち出しともに 。 ただし、 21 歳以上であることを証明する必要があります。 カナダ. q1.

アメリカ入国でお酒の持ち込みは? アメリカの各州によって酒類の持ち込み規定は様々ありますが、今回はニューヨークの規定を例に紹介します。 基本的にお酒の持ち込みは、年齢が21歳以上で1人あたり1lまでが免税の対象とされています。 ワインは 1.5 リットル持ち込み・持ち出し可能ですが、他の飲料では基準が異なっています。