エクセルcountifs関数は、複数条件に一致する、セルの個数をカウントする関数です。countifs関数の複数条件は、andになりますが、複数条件or(または)を指定して、セルをカウントすることもできます。 COUNTIF(カウントイフ)関数を使うことで、条件に合う個数だけ数えることができます。 Excelバージョン: Excel 2016 2013 2010 2007 2003 2002 2000 (サンプルファイルは、こちらから 関数技12回条件に合う個数だけ数える COUNTIF関数サンプルデータ)

それでは、エクセルにて実際のデータを用いて月ごとのデータ数をカウントする方法を確認していきます。 まずは、日付における「月」を抽出していきます。このときには、month関数というものを使用するといいです。 エクセルで月別のカウントを行う方法. 今回は、 Excelで関数を使って2つの日付の期間をカウントする方法 をご紹介します。 Excelで2つの日付の期間をカウントするには、DATEDIF関数を使います。 この関数を使えば、 日付Aから日付Bまでの期間を、年数、月数、日数などでカウントすることができます。 ピボットテーブルを利用して、データの値ごとにデータの個数を集計する手順を紹介します。 具体的な例では、アンケートなどで選択肢の項目の値ごとに、その選択肢を選択した人が何人いるかを集計する場合に利用できます。 エクセルで作成した表が「男性だけ」「特定の名字の人だけ」など、条件に合うものの数だけを自動的にカウントしてくれたら、とても便利ですよね。countif関数を使うと、そんな仕組みもラクラク作成できます。今回はエクセル2013を使って紹介します。
データがあるときに、 重複を除いて、何件あるのかが知りたい、という場合があります。 重複を除いた件数の集計 具体的にいうと、 例えば、右の図のようなデータがある場合に、 a~dまで「4種類」の … 「Excel関数で重複を除いてデータの件数を求める方法」についての記事のページです。統計解析ソフト「エクセル統計」の開発チームによるブログです。統計に関するさまざまな記事を不定期で書いていま … エクセル関数の中には条件に合うセルの数をカウントできる有名な関数に「countif・countifs関数」があります。 これらの関数ではダメなのでしょうか? 結論から言うと「できません」。