パッフェル・ベル カノン : スコア5ページ+パート譜: J.S.Bach AIR G線上のアリア: スコア2ページ+パート譜: スメタナ モルダウ: スコア3ページ+パート譜: W.A.Mozart アイネ・クライネ・ナハトムジーク 1楽章: スコア9ページ+パート譜: W.A.Mozart 楽譜 UC 434 パッフェル・ベルのカノン(ヨハン・パッヘルベル)(吹奏楽クラシックベスト/Rocket(輸入楽譜)/G3/T:3:24) カノンは、 複数の同じメロディーを 違った時点から重なり合うような演奏をすることです。 (違う場合もある) いわゆる輪唱のことでしょうか。 有名な 「パッヘルベルのカノン」は 3つの同じメロディーを 輪唱のように演奏させます。 最後に同時に終わるので、 輪唱としては 途中で終わった カノンコード進行の生みの親、ヨハン・パッヘルベルが1680年付近に作曲した「カノン」のソロギターに挑戦してみましょう。 「カノン」は現代においても世界中で愛される曲の1つであり、卒業式や結婚式などのお祝い事にはbgmとして多くの場所で流れております。

パッヘルベルのカノン~バロック名曲集が交響曲・管弦楽曲・協奏曲ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 カノンはパッヘルベルの作品で最も有名で最も愛されている作品でしょう。 ただ曲自体は大変有名ですが、作曲したパッヘルベルは一般の人々にとっては有名な存在とは決して言えません。 ここではパッヘルベルのカノンの解説と名盤の紹介をしたいと思います。 こちらのページでは、著作権の切れたimslpの楽譜を無料でダウンロードする事が出来ます。ヴァイオリンを始めとした弦楽器の定番となる楽曲がまとめてあります。