列ラベルにフィールドを追加して、クロス集計を行います。 値エリア以外の各ラベルは、規定値を自由に変更することが可能で、ピボットテーブル上でラベルを変更しても、ソースデータには影響しません。 Excel(エクセル)のピボットテーブルで集計する方法を説明しています。複数の行や列のデータを簡単に集計することができます。その他に新しく集計フィールドを追加する方法やピボッドテーブルから集計を非表示にする方法もご紹介しています。 ピボットテーブルの行ラベル・列ラベルには複数の項目を指定することができます。 ここでは、項目ごとに集計したいデータが複数ある場合のピボットテーブルの作り方を学んでいきましょう。 ピボットテーブルで色々な集計をしてみる. ピボットテーブルは行ラベルが複数ある場合、そのままでは並べ替えができません. Excel のピボットテーブルは、データの集計、分析、調査、プレゼンテーションを行う優れた方法です。 ピボットテーブルでは、さまざまな角度からデータを簡単に見ることができます。 Excel でおすすめピボットテーブルを自動作成したり、手動で作成することもできます。 データの集計が簡単にできるGoogleスプレッドシートのピボットテーブルの使い方。時間をかけずに計算方法を変更したり集計の条件を変えることができます。ピボットテーブルを使いこなせば業務の効率がよくなります。 ピボットテーブルで日付を月単位や週単位にグループ化する方法です。 下のようなピボットテーブルを作成しました。 ピボットテーブルの作成については、以下のページを参照lしてください。Excel2003での解説です。 Excel2007以降は、以下の記事が分かりやすいと思います。
ピボットテーブルの元になるデータは、ピボットテーブルを作った時点の範囲です。 この場合は、Sheet2のA1からD9640となります。 このピボットテーブルをつくって、データを9641行目以降や、E列以降に入れて[更新]しても範囲に追加されません。 リスト形式の注文表をピボットテーブル化します 「商品」と「日付」でクロス集計; 行ラベルについては「自動並べ替え」が表示される; 総計を基準に「降順」に並べ替える