オイルキャッチタンクは取り付け方次第でパワーダウンする可能性があります。的確にブローバイガスを分離させ、エンジン保護もできるキャッチタンクの正しい取り付け方を紹介! ブローバイガスには当然のことながらエンジンオイル等のミストが含まれます。 よくターボエンジンのインテーク内部やインタークーラー内部を見るとオイルがべったりついて. やっぱりディーゼルの方が不具合多いんですかね(;´Д`) Trackbacks 2018 新型CX-5 11/22発売モデル 3 2000㎞走りました 総合評価 買っていいのか? これがディーゼル用オイルとなります。 今回のケースは負荷のかかる状況が多いと燃料噴射量が多くなり、結果としてブローバイガスが増加、 とくに不完全燃焼や未燃焼の燃料を含む割合が多くなりがちに …

いることがありますが、これらがブローバイガスに含まれるオイルミストです。 ブローバイガスの大気開放は、ネットやバイク専門誌上で賛否が渦巻く問題ですね。あるサイトでは、ブローバイガスの大気開放を絶賛していますし、またあるサイトでは「時代遅れ」として猛烈にけなしています。筆者もこうして効果やデメリットを調べているとこ 「90年代にあった恐怖のディーゼルオーバーランが復活の兆しを(゚Д゚;)」コル注のブログ記事です。自動車情報は日本最大級の自動車sns「みんカラ」へ!