2020年3月18日から「モバイルpasmo」がリリースされました。関東の私鉄定期券ユーザーのあいだで話題です。 モバイルpasmoとは、交通系icカードpasmoの機能をスマートフォンで利用できるサービスです。スマホをかざすだけで改札を通れるようになります。 スマホひとつですべて完了 したので、わざわざ窓口に行く手間が省 けて良かったです。 払い戻しのデメリット. Suicaカードの返却場所は?どこで返金・払い戻しできるの… モバイルSuicaを利用することで、窓口に行くことなく、定期券やグリーン券・新幹線乗車券を購入できます。また、払い戻しの手続きも携帯電話から可能です。 JR東日本:モバイルSuica>モバイルSuicaを使う.

Suicaエリア内の駅のみどりの窓口にお持ちください。 (Suica一部対応駅ではお取り扱いいたしません。 )なお、下記の払いもどし計算は、新しい区間の定期券をその場で同時にお求めになる場合に限りま … 定期券の払い戻しは、基本的に みどりの窓口 で対応しています。 SuicaはJR東日本の交通系電子マネーなので、JR東日本Suicaエリア以外の駅では、窓口であろうと払い戻しはできません。 また、JR東日本の駅でも、券売機やチャージ機では払い戻しできません。 モバイルSuicaで定期券の払戻しをすると、会員登録情報も一 緒にリセットされて消える という点には注意が必要です。 退会(払戻し)手続きはモバイルSuicaアプリ又は会員メニューサイトから行えます。お手続きの前に、以下ご確認ください。 払戻しには所定の手数料(220円)がかかりますが、SF(電子マネー)残 Suica購入時に500円払ってる! 返却・払い戻し場所は「みどりの窓口」 最低500円は返ってくる; 残金の払い戻しには要注意; 1円も無駄にしたくない場合は使い切る! 不要なSuicaカードは返すが吉! 残念ながら Google PayにはSuicaカードの取り込みはできません 。 (Suicaアプリ内からモバイルSuica新規発行は可能) だから、スマホがAndroidならばこの記事で紹介していく方法でSuicaカードを返してデポジットを受け取ってくださいね!. 注意すべきポイント