交通事故の「過失割合」や「示談」について警察は介入してくれません。慰謝料の相談にも対応していないので注意してください。警察は、加害者に対して「過失運転致死傷罪」として罪に問うべきかの最初の判断を行います。

交通事故における供述調書(きょうじゅつちょうしょ)とは、警察が事故の様子を記録する為に作成する書類のことで、事故の状況を明らかにする実況見分書とセットで作成されるのが原則です。 交通事故の示談においては、多くの場合は保険会社の担当者が代理人として交渉にあたることが多い。被害者自身が示談交渉に臨むには、加害者のペースで進められることがないように、事前に資料準備を万端にし、賠償金額の相場を調べておくことが大切です。 交通事故の発生を警察へ届出ることは、物損事故・人身事故問わず、法律で義務付けられています。これを怠ることは法律違反となり、処罰を受けてしまう可能性もありますので、ぜひこの記事を参考に、交通事故が発生した際の行動指針にしていただければと思います。 交通事故における供述調書(きょうじゅつちょうしょ)とは、警察が事故の様子を記録する為に作成する書類のことで、事故の状況を明らかにする実況見分書とセットで作成されるのが原則です。 交通事故が起きたら、加害者は、けが人の救護をするとともに警察へ連絡しなければなりません。警察が到着後作成するのが、実況見分調書です。書類自体は現場の警察官が行ないますので、被害者が直接書くわけではありませんが、事故当時の状況について細かく聞かれます。 交通事故証明書(通称:事故証明)とは、自動車安全運転センター という団体が発行する、交通事故があった事実を公的に証明するための書類です。 事故が発生して警察へ連絡をすると現場確認が行われます。 交通事故に遭った後、保険会社との示談交渉で必要な書類になってくるのが交通事故証明書と刑事記録です。 これは交通事故という「事件」を被害者、加害者とは違う第三者の立場である警察がまとめた重要な書類であり、証拠になります。 交通事故の診断書は必ず期日までに警察へ提出しましょう! 「 診断書 」と言えば、病気やケガの証明として、病院で発行してもらえる書類ということはご存じでしょう。 交通事故でケガを負わされ、あげく、後遺症が残ってしまうと、日常生活にも支障が出てしまいます。しっかり損害賠償をしてもらわなければとお怒りの方もいらっしゃるでしょう。面倒なことに、損害賠償金を加害者側の保険会社に請求するには、様々な書類が必要です。 交通事故の後、刑事事件になった時加害者の処分を決定できるのは検察官という人間です。検察官がどのような立場でどう対応すればよいのか見ていくことにします。 なお、警察への届け出は、法律上の義務であるというだけではありません。 交通事故の届出をしていなければ、交通事故のときに保険金を請求する際の必要書類となる「交通事故証明書」の交付が受けられなくなります。ですので、必ず届出をしてください。 事故の通報を受けた後、警察は事故の検証を行い、「人身事故」にするか「物損事故」のどちらかで処理をします。被害者の方からすれば事故は事故な訳で、「人身事故も物損事故も似たような物だろ! 交通事故の被害者や加害者になったとき、110番通報等で、警察への届出をする必要があることは皆さんご存じだと思いますが、どのようなことを警察に伝えればよいのでしょうか。また、警察への対応や現場検証などについて、交通事故に精通した弁護士が解説いたします。 交通事故は、自分だけが気を付けていても巻き込まれてしまう場合があります。万が一交通事故に巻き込まれてしまった場合には、たとえ小さな追突交通事故であっても必ず警察に届出をしなければなりません。今回の記事では、交通事故後の対応から警察への届出についてまでを解説します。 交通事故時、車両を運転していた人は、必ず警察を呼ぶべき義務があります。警察を呼ばないと、交通事故証明書も発行されませんし、人身事故で実況見分が行われず、実況見分調書も作成されないので、被害者にとっても大きな不利益が発生するおそれが高まります。

実況見分調書は、警察官が事故現場の状況をまとめて作成する書類です。加害者の刑事事件の証拠となるものですが、事故の状況が正確に保存されるので、過失割合が問題になったときに非常に重要な資料 …