日本経済復活の起爆剤になるといわれてきた「所得の増加」。新賃金制度から副業挑戦、インフレターゲティングまでここ数年、多くの企業や個人、国が「令和の所得増加計画」を模索し、一部は成果を上げてきた。だがその行いは、コロナ・ショックで水泡に帰しつつある。 日本経済新聞社が3月29日(木)~3月31日(土)の3日間、電子版のすべてのアプリ(Web版は対象外)を無料で利用可能になっています。興味がある方はこの機会にお試しいただくと良いと思います。 日経電子 日経電子版トップページ右上の検索窓に、証券コードか企業名を入力し、「会社情報を検索」をクリックすると上場企業のページが検索できます。 適時開示、チャート、企業情報、決算・指標、過去株価を閲覧することが可能です。 日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。

日本経済新聞 電子版は、主要ニュース、速報、ビジネスやテクノロジーに関するコラム、さらに日経平均株価や上場企業の株価などのマーケット情報をチェックできるアプリケーション。コンテンツの一部や記事の保存には有料会員登録が必要となる。 日経新聞の紙媒体から電子版へ変更しようか迷っていませんか?また、新規にどちらへ申し込むか迷っていませんか?迷っている方は、電子版へ申し込むことのメリットをまとめましたので、ご参考になればと思います。日経新聞を宅配から電子版へ変えた体験談、レビュー。 日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、it、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。 あおり運転や高齢者による事故などを受けて、運転中のクルマ前方の様子などを録画するドライブレコーダーに注目が集まっている。7割の運転者が「あおり運転対策として有効」と考えつつも、2万~3万円という価格がネックになって導入率は3割にとどまっている。 日経ビジネス電子版は7月16日、有料会員がお知り合いに有料記事をプレゼントできる「ギフト機能(β版)」を追加しました。有料記事に設けた「ギフトボタン」を押してシェア用のurlを発行。そのurlをメールやsnsで送れば、どなたでも無料で記事をお読みいただくことができます。 日経電子版 有料会員について 日経電子版アプリは無料でご利用いただけますが、"日経電子版 有料会員" (4,300円/月) をご登録頂くことで、有料会員限定の記事や過去30日分の朝刊・夕刊を読め、Myニュースを利用できます。 ※日経電子版の検索窓は画面が小さくなると、虫眼鏡マーク(画面右上)に変わったり、横3本線のドロワーメニュー内に移動したりします。 ※「週間株価高低一覧」は前週分より前の表示はできません。