1,159円×15時間=17,385円. このような場合、50銭未満の端数(0.4202…)を切捨て、時給額を「1,159円」とすることが認められます。 割増賃金額の計算. 原則として時給は1分単位で計算し、アルバイトに支払わなければなりません。. まず、 1日ごとの労働時間は、「1分単位 ... 時給額の計算. 次は 「金額計算時」 です。 アルバイトやパートでの勤務で時給の計算をする場合、その単位は1分、10分、15分、30分と勤務先によって異なることもよくあります。どのような単位で計算するかは企業の裁量に任されますが、その単位に満たない勤務時間の取扱については注意が必要です。 200,000円÷172.5時間=1,159.4202…円 . 10分の時給(時間給)の計算方法について 時給 ÷ 60分(1時間)x 10分(働いた分)= 10分間の時給が計算する事が出来ます。 それでは、時給900円を例に計算してみましょう。 時給900円の例 900円 ÷ 60分(1時間)x 10分(働いた分)= 150円(10分の時給) → アルバイトの時給計算について「10分未満切り捨て」などの端数処理をするケースを耳にすることがあります。しかし、この対応は労働基準法に違反します。ただし例外もあります。本稿では、時給計算の端数処理に関する注意点を解説します。 1ヵ月の出勤日数. 10分単位で時給を支払う際に、 2時間30分の給与を計算する場合 2時間分は、925×2時間ですが、30分の計算は、電卓で計算する場合 どのようにして、計算するのが正しい計算方法になるんでしょうか? 925円÷6=154 155円の3=465円では、正しい金額では無いですか? 時給制の従業員が通常の時間(1日8時間の範囲内)働いた場合の計算をする際には、 原則どおり1分単位まで計算 しないといけないというわけですね。 例外②:金額計算時. アルバイトやパートでの勤務で時給の計算をする場合、その単位は1分、10分、15分、30分と勤務先によって異なることもよくあります。どのような単位で計算するかは企業の裁量に任されますが、その単位に満たない勤務時間の取扱については注意が必要です。 時給は1分単位で計算. 1ヵ月あたりの割増賃金額の端数処理. 休憩時間0分 給与計算単位 15分 四捨五入 時給 1,000円 こちらで計算すると 労働時間 6時間55分 給与計算時間 6時間00分=6時間 日給 6,000円 と表記されます。労働時間部分の計算が1時間ずれておりましたので報告いたします。 keisanより 30分を0.5時間と言うときがあります。1時間を1と考えてその半分なので0.5というのは理解できます。では0.12時間とか0.74時間は何分になるんでしょうか?計算方法がわかりません。どのように計算すればよいでしょうか? 1日の勤務時間を選択して下さい。選択された時間から分単位での時給計算を行います。 ページトップへ. Excelの時間計算について。時間の足し算・引き算は単純計算でも可能だが、時間数(12進法)×時給(金額・10進法)のような時給計算の場合は、数字の定義がずれています。Excelでは12進法の時間をシリアル値として扱います。Excelでの時間の計算方法について解説します。

お店によっては、勤務時間は15分単位で計算し、14分以下の労働時間は切り捨て(時給に反映されない)など、勝手なルールを作っていることもありますが、これはすべて違法です。 例えば、30分未満の端数は切り捨て、30分以上の端数は30分(0.5時間)と計算する方法は、認められません。 また、30分未満の端数は切り捨て、30分以上の端数は1時間に切り上げて計算する方法であっても、これを毎日の労働時間について行うことは、認められていません。