診断から、どれくらいの余命が残されて いるのか、最期に訪れる末期症状は どのようなものなのか…。 では、一緒に一つずつ見ていきましょう。 脳腫瘍には良性と悪性がありますが、動物に発生する脳腫瘍の多くは悪性の挙動を示すため、早期診断と早期治療が最も重要です。 脳腫瘍の症状. 犬の脳腫瘍という病気は、決して珍しくはありません。しかし、脳の中は見えない場所であり、犬は人のように無麻酔で気軽に画像検査を受けられないので、発見しにくいという問題があります。脳腫瘍の症状は、進行するまでわかりにくく、他の脳の病気との区別も 犬が脳腫瘍と診断された場合、飼い主として 気になるのは 愛犬の最期 についてです。.