15年間植物状態だった35歳の男性に、「迷走神経刺激」療法を毎日1カ月間続けた結果、首を動かしたり視覚的刺激に反応したりするなど、驚くべき回復を見せたという研究結果が発表された。 そして、生体反応から5日後、奇跡が起こった!!なんとザックが目を覚ましたのである!! 確かに彼は、生き返ったのだ!! さらにその驚異的な回復ぶりは、病院の医師全員を驚かせた。まさに死の淵から奇跡の生還を果たしたザック。 【驚愕の事実!脳死判定から意識回復の実例報告!】「脳死」と判定されてから、意識を回復していた女優の南美江さんこの点で4点、質問があります。 9日(月)フジテレビの「スーパーニュース」の報道 … 佳那晃子が脳死状態から奇跡的に回復した理由? 今年1月10日の夜に静岡県熱海の自宅で倒れる。 診断は、くも膜下出血の最も重い「重度5」でした。 最も重い「重度5」とは、全く反応がなく。通常医療行 … 佳那晃子が脳死状態から奇跡的に回復した理由? 今年1月10日の夜に静岡県熱海の自宅で倒れる。 診断は、くも膜下出血の最も重い「重度5」でした。 最も重い「重度5」とは、全く反応がなく。通常医療行 … 脳死の判定は医療上の一つの言葉に過ぎません。人間の死亡率は誰もが100%です。死は太古の昔から未来まで変わることはありません。 脳死判定という医療用語が、死に逝く人の御霊や御遺族の御心を乱してしまうことがあり、残念なことです。 脳死宣告から回復した事例も. バギー事故で脳を損傷して、数日間脳死状態だったアラバマ州在住の少年は奇跡的に回復した。 WALA Fox 10によると、事故当時、13歳のトレントン・マッキンリー君は、バギーに牽引された小型トレーラーに乗っていたそうだ。 脳死の判定は医療上の一つの言葉に過ぎません。人間の死亡率は誰もが100%です。死は太古の昔から未来まで変わることはありません。 脳死判定という医療用語が、死に逝く人の御霊や御遺族の御心を乱してしまうことがあり、残念なことです。

脳死判定後に「生き返った」という報告もある。アメリカのオクラホマ州で2007年、青年がバイク事故に遭い、2度の脳死判定を経て死亡が告げられた。青年はドナー登録をしていたため、臓器提供の準備が着々と進められていた。