[ad#co-4] 濃口醤油と薄口醤油はどう違うの? 普段ご家庭でお使いの醤油は一般的に、 濃口醤油(こいくち) という種類になります。 それと対照的に どちらかというとあまり馴染みがない方の醤油が、 薄口醤油(うすくち) しょう〜ゆ〜ことです! この醤油の違いを理解して、 こいくち醤油 しょうゆのうち、大豆にほぼ等量の麦を加えたもの又はこれに米等の穀類を加えたものをしょうゆこうじの原料とするものいう。 日本人には馴染みの深いお醤油。濃口醤油、薄口醤油、淡口醤油、白醤油、たまり醤油の5種類のうち、薄口醤油、淡口醤油、白醤油の特徴と違い、そしておすすめの料理法をご紹介。 材料 薄口醤油には、濃口醤油に使われない米が使われている。 製造 製造工程で、薄口醤油は色を薄くするための加工を行っている。 塩分 薄口醤油の方が2%程塩分が高い! 普段醤油といえば、濃口醤油の事。 編集後記 薄口醤油と濃口醤油 違いのまとめ. 薄口醤油と濃口醤油の製造方法の違いは? まずは薄口醤油と濃口醤油のjas規格の規定を見てみましょう。. 濃口しょうゆの原料は大豆・小麦・塩。淡口しょうゆは、そこに米も加えるところが大きな違いです。また、甘酒を加えることで、まろやかで上品な甘味と旨味、穏やかな香りが加わり、より風味豊かでおいしい淡口しょうゆに仕上がります。 醤油(しょう油)にはいろんな種類や商品がありますが、jas規格(日本農林規格)で定められている醤油は「濃口醤油・薄口醤油(淡口醤油)・溜醤油・再仕込醤油・白醤油」の5種類です。それぞれの違いや使い分け、甘口醤油・刺身醤油について、です。 濃口・・日本で製造されている8割以上が濃口醤油です。最も一般的な醤油で、塩分濃度は16~17%、香りは醤油の中で最も強い。 薄口・・関西地方でよく使われており、塩分の度は18~19%と濃口より高い。 薄口醤油と濃口醤油のうち、皆さんは普段どちらの醤油を利用していますか?薄口醤油は醤油自体の色が薄いので、素材の色を生かしたい料理では良く使われます。ですが普段から薄口醤油と濃口醤油の両方を、料理に合わせて使い分けている人はそう多くはないのではないでしょうか?