金銭消費貸借契約を交わしたことを証明する書面に、借用書と金銭消費貸借契約書があります。 では、借用書と金銭消費貸借契約書のうち、どちらを用意するのが望ましいでしょうか? まず、2つの間で法的な効力の違いはありません。 個人の間で金銭貸借を検討中の方は金銭消費貸借契約書を作成しましょう。契約書を作成することで後日のトラブルを予防することが可能です。 ここでは、金銭消費貸借契約書の意味と作成の際の記載事項、さらに注意点について解説いたします。 金銭消費貸借契約とは、将来の弁済を約束した上で、金銭を消費するために借り入れる契約のことを言います。金消契約、ローン契約などの略称で呼ばれることもあります。 一般的には、銀行や消費者金融などが貸主となる場合に締結する契約です。 「金銭消費貸借」を行うとき、「貸主」と「借主」との間で金銭の貸し借りについて相談・交渉を行い、交渉過程で貸付金額や返済期間、担保などの条件を合意したら、「金銭消費貸借契約書」を作成します。 金銭の貸し借りは口約束でもできますが、「金銭消費貸借契約書」などの書類を作� 金銭消費貸借契約とは. 相続人が1人のときは、債権であれ債務であれ、そのまま相続人が引き継ぐこととなります。 金銭消費貸借契約書とは 金銭消費貸借契約とは、借主(債務者)が貸主(債権者)から借り入れた金銭を消費し、その借入額と同額の金銭を貸主(債権者)に返済することを約束する契約です。 借主(債務者)は、借りた金銭を契約で定めた期日までに返済する義務を負います。 したがって、貸主や借主が死亡しても、金銭消費貸借契約がなくなるわけではなく、当事者が相続人に交替することとなります。 ②相続人が複数の時.