骨盤を立てる方法 ②エクササイズ. 骨盤を立てるために重要な筋肉のひとつに「腸腰筋」があります。 骨盤を立てる感覚を養いつつ腸腰筋を鍛えるには椅子を使ったトレーニングが適していると感じるのでそれを紹介します! 骨盤を立てる椅 … 椅子や床への正しい座り方をわかりやすく詳しくご紹介します!ポイントは骨盤をニュートラルポジションにすること。 デスクワークや電車、カフェ、家などで今日から実践できます。猫背や反り腰気味の方の姿勢改善にも! なぜ骨盤を立てることが大切なのでしょうか? 骨盤は上半身と下半身を繋ぐ要の部分です。そのため、骨盤がニュートラルポジションにないと骨盤周りの筋肉だけではなく、上半身・下半身の筋肉も正しく使うことができません。 「骨盤を立てる」という言葉がしばしば使われます。しかし、それは具体的にどういう状態でしょうか。ここでは「骨盤を立てること」について解説し、そのためのエクササイズをご紹介しま … 骨盤を立てる(前傾させる)ために行う3つの具体的なストレッチを紹介しています。 骨盤の前傾の逆に働く大殿筋、ハムストリングス、腹直筋の3つのストレッチを行った後に、骨盤の前傾の動きを確認してみてください。 腸腰筋を鍛える時は、骨盤を立てる事が唯一にして最大のポイントというお話です。骨盤を立てると腰は反りますが、腰を反る意識で骨盤を前傾させる(立てる)のは良くないです。身体の軸を伸ばす意識で股関節を使う事が重要です。 ヨガのポーズでもあるキャット&カウです。 背骨を滑らかに動かすことで、骨盤の動きをよくしていきます。 骨盤周りの筋肉がほぐれたら、骨盤を動かして可動域を広げていきましょう。 キャット&カウ. 骨盤底筋を鍛える骨盤底筋体操~基本編~ 骨盤底筋を鍛えるメリットはご理解いただけたと思いますのでケーゲル体操の方法をご紹介します。 やり方は非常に簡単です!仰向けに寝た状態で足を肩幅に開いてヒザを立てます。