予防接種の種類は、腸チフス以外にも狂犬病、髄膜炎菌、コレラ、破傷風、a型肝炎、b型肝炎などに対応しています。 日本では発生が稀な感染症も、渡航先や時期によっては感染する恐れがあります。


東京で、a型肝炎・b型肝炎の予防接種をお考えなら麹町皮ふ科クリニックにご相談ください。また、渡航前後の感染症の検査も実施しています。麹町、半蔵門、永田町駅:徒歩1~5分、各駅からアクセス良好な他、四ツ⾕や⾚坂⾒附駅からも徒歩でお越しいただけます。 千葉県船橋市の渡航外来(トラベルクリニック) 予防接種・ワクチン接種(破傷風、風疹、はしか、おたふくかぜ、a型肝炎、b型肝炎、インフルエンザ、狂犬病、日本脳炎、ポリオ、マラリア予防薬、高山病予防など)海外旅行や海外赴任、駐在、留学等の渡航前に。 予防接種(海外渡航などに必要な予防接種) 旅先での健康は誰もが願うことですが、ワクチンによって防ぐことのできる病気は少なくありません。 中には入国に際し、必ず必要とされるワクチンもあります。 A型肝炎(エイムゲン) 3回接種(初回、4週間後、6か月後)で約5年,1歳以上6,500円: ★A型肝炎(Havrix) 2回接種 (初回,6~12か月後)で15年以上 : 10,000円: ★A型肝炎(AVAXIM) 2回接種 (初回,6~12か月後)で15年以上 16歳以上: 11,000円: B型肝炎(ヘプタバックス II) 3回接種 (初回、4週間後、6か月後)で約5年 A型肝炎ワクチン、輸入1回タイプのA型肝炎ワクチンAvaxim、A型肝炎B型肝炎混合ワクチン予防接種をはじめ、海外勤務前の各種予防接種を行っております。予防接種と海外赴任者健康診断の同時接種も可能です。世界各国国別地域別の感染症情報をご案内。 A型肝炎ワクチンの予防接種をはじめ、各種予防接種を行っております。最新情報をもとに海外渡航、海外赴任、海外出張、海外留学、海外旅行でA型肝炎ワクチンの接種を推奨する国をご案内。Havrix、Avaxim、Twinrixワクチンもございます。海外でA型肝炎にならないための予防対策をご案内。
腸チフス 原因 腸チフス菌によって起こる急性熱性疾患です。感染経路は、腸チフス菌に汚染された飲食物の経口感染がほとんどです。 感染したヒトの便や尿に汚染された水、氷、食べものを取ることによって移ります。ごく少量の菌によって感染することもあります。

a型肝炎ワクチン: 感染者の便で汚染された飲食物の経口摂取、感染者との接触。 衛生状態の悪い国や地域への渡航者。 2~4週間隔で2回、長期の抗体維持には6ヶ月後に追加接種1回。 明確なデータはないが2回接種で数年、3回で5年以上。 8,800円: b型肝炎ワクチン