カスペルスキーの chrome 用拡張プラグインが原因。 対処方法 https を使ったウェブサイトを立ち上げる場合はサーバ証明書を購入するのが普通ですが、特定のメンバー内だけで利用するサーバであれば、必ずしも証明書を購入する必要はありません。今回は、自前で証明書屋さんを作って自前で証明書を発行し、https サイトを立ち上げる方法をご紹介します。 Wordfence PowerShell 6.0 インターネットゲートウェイ スマホ ELB メタキャラ Python 3.6.2 PhantomJS 仮想化環境 Maildir iLO VMware vSphere 6.5 ESXi playbook NIC Microsoft SQL Server 2016 NTP Web アプリ オレオレ証明書 ansible.cfg インストール Webプログラム Oracle Windows … GitLab の設定を調整すると、Web インターフェイスや Git リポジトリへ SSL を使ってアクセスできるようになります。ここではその設定方法と、併せて SSL 接続に必要な電子証明書を証明機関に取得申請するための申請ファイルの作成方法についても軽く触れます。 https://ESXi導入済みホストのIP/ui でアクセス可能です。 おそらく証明書エラーが発生すると思いますが、 気にせず進んじゃいましょう。 Chromeはログイン後にエラーが発生する. Chromeを使っている場合、以下のようなエラーが出る場合があります。 自宅で検証のため仮想マシンを hogehoge しようと思い、 Host Client に接続したところ以下の画面が表示されログインできない。 原因. リモートデスクトップでもサーバー証明書を使用し通信が暗号化されており、 この画面は、証明書エラーで「この証明書は信頼された認証機関からのものではありません」という証明書の仕組み的には信頼できないサーバーであることを意味する画面になります。 現象. ESXi : 6.0 chrome : 80.0.3987.122 カスペルスキー : 20.0.0.829a.b.