アプリケーションプールは、iis上でアプリを稼働させる場合に、避けて通ることが出来ないというか重要な技術です。 ASP.NETの他、PHPなどIIS上で利用出来るCGI系のプログラムは、このアプリケーションプールと呼ばれるプロセス上で動作させることになります。

準備編、作成編はこちら PowerShellでIISの操作をする(準備編) - 無気力プログラマー雑記 PowerShellでIISの操作をする(アプリケーションプールの作成) - 無気力プログラマー雑記 無事アプリケーションプールの作成が行えたので、次は設定を変更していく。 IISで実際に設定す場合には以下の画像のよ…

exe LIST VDIRS Web アプリケーションの IIS 設定をチェックするには To check IIS settings for the Web application. Webサイトの作成編はこちら PowerShellでIISの操作をする(Webサイトの作成) - 無気力プログラマー雑記 Webサイトの設定も、アプリケーションプールの時と同様にSet-ItemPropertyコマンドレットを使用する。 書き方なども同じなのでさっくりと。 Set-ItemProperty IIS:\S… 次のコマンドレットでサーバに作成されているアプリケーションプールの一覧を取得できます。 PS IIS:\> Get-ChildItem -Path AppPool -Name | Sort-Object. disptree -a IIS:// LocalHost/w3svc -n; 作成操作 作成操作に使用できるコマンドは、mkw3site および mkwebdir の 2 つです。ただし、adsutil コマンドライン ユーティリティにも、インプロセス アプリケーションを作成するためのコマンドがいくつか含まれています。 アプリプールの関連付け; サイト名; 資格情報; 以下は、私が使用していたコードをいじっています。 * See revised code below * また、Appcmd.exeコマンドを使用して、仮想ディレクトリを試し、一覧表示しました。 C: \Windows\System32\inetsrv\appcmd. コマンド名: 機能: iisapp.vbs: 稼動中のアプリケーション・プールの一覧表示: iisback.vbs: IISの構成(メタベース/スキーマ)のバックアップとリストア なお、この記事は基本的に(Windows Server 2008の)IIS 7.0から(Windows Server 2012 R2の)IIS 8.5までを想定して書いています。 論理構造(Webサイトとアプリケーションとアプリケーションプール) WindowsにインストールできるIISは1つだけです。 アプリケーションプール間でのSharePointリストアクセス 1; 分散アプローチ、すなわちWebガーデンでのGlobal.asaxの使用 0.NET Frameworkのアプリケーションプールのバージョンを3.5に変更しますか? 11 「一定数の要求」後のアプリケーションプールのリサイクル 4
毎回作ろうと思うたびに忘れて調べてるのでメモ。 SET APPCMD_PATH=C:\Windows\System32\inetsrv\appcmd.exe SET SITE_NAME=REPO SET SITE_PORT=8080 SET SITE_PDIR=C:\REPO SET APP_NAME=Login SE…

アプリケーションプールのプロセス数を複数にすると、アプリケーションプールはマルチプロセス化し、Webガーデンと呼ばれます。 手順 [インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー]を起動します。下図のウィンドウが表示されます。 DefaultAppPool