VMwareで作成した仮想ディスクは拡張、縮小、圧縮が出来ます。ディスクサイズを「大きくすること」は拡張であって認識違いを起こす事はありません。しかし「小さくすること」は2つの意味を持ちます。そのため理解が難しく認識違いを起こしますのでまとめます。 仮想マシンで多くのディスク容量を必要とする場合があります。たとえば、大きなアプリケーションをインストールしたり、多数のファイルを操作したりする場合です。仮想マシンにすでに関連付けられている仮想ディスクのサイズを増やすか、または新しい仮想ディスクを追加できます。 仮想ハード ディスクの追加、削除、サイズ変更を実行できます。 仮想ハード ディスクの作成 仮想マシンで多くのディスク容量を必要とする場合があります。たとえば、大きなアプリケーションをインストールしたり、多数のファイルを操作したりする場合です。 ハード ディスクのサイズは変更されますが、パーティションのサイズは変更されません。ゲストのパーティションのサイズを手動で変更する方法については、ディスクの管理ツールによる Windows パーティションのサイズ変更を参照してください。 VMware Fusionの仮想ディスクはデフォルトでは複数のファイルに分割され、サイズも可変です。 これは領域のサイズが固定されるBoot Campと比べて便利なのですが、ディスクアクセスのパフォーマンスがよくありません。